松戸市における市民葬儀制度とは

家族などが亡くなった場合には、まずは葬祭業者を呼んでいくつかのプランのなかから祭壇や式場などの希望する条件に見合ったものを選択し、パッケージとして手配を依頼するのが普通です。

快適な暮らしを実現するための松戸で葬儀について詳しく知りたいならこのサイトです。

このようなプランにはさまざまな種類があるものの、通常は100万円や200万円といった金額になることから、遺族としては大きな経済的負担になります。



参列者からの香典をもってまかなえる見通しが立つ場合は別ですが、そうでない場合は喪主やその他の家族の持ち出しとなってしまうため、なおさら予算についてもシビアに考えざるを得ません。



経済的に困窮している家庭の場合、そもそも葬儀を執り行うことができるかさえ危ぶまれることから、松戸市では市民葬儀制度と呼ばれる仕組みを設けています。
この制度は費用が高額にならないように、市が主導して祭壇の料金などを統一したものです。


亡くなった人または喪主が松戸市民の場合にのみ利用が可能で、申し込みは松戸市役所ではなく、市内の葬儀社に直接行います。


祭壇の段数などによっていくつかのグレードがあるものの、いずれもセットで20万円台におさまりますので、一般的な葬儀にくらべれば格安の水準になっています。

祭壇本体のほか、御棺や亡くなった人が身につける帷子や草履、布団、白黒の遺影写真や後飾り、納骨容器などがすべてこの市民葬儀制度のプランには含まれますので、料金が格安とはいえ、ひととおりの弔いはできるようになっています。